『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』の解説シリーズ

 

ウエハラ
ウエハラ
こんにちは。
ウエハラです。

突然ですが、皆さん。
こちらの本を知っていますか?

『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』 / ジャック・ダニエルズ 著

『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』は40年以上もの長い間長距離ランナーの間で愛読されている本であり、現在巷に出回っているマラソン理論書のほとんどはこの「ダニエルズ理論」に基づいていると言われています。

まさに“長距離ランナーの教科書”ですね。
僕も大変参考にしていて何度も読み返しています。

ランナーであれば一度は読んでおいた方が良い本です。

ということで以下の記事逹は、その内容をなるべく分かりやすく、かつ本格的に解説していくシリーズです。

当ブログ【サブ3研究室】を読み進めていく上で、前提知識と知っておきたい内容や共通言語の説明的なものも含まれていますので、以下の記事を読むことで他の記事の理解も深まると思います。

ボリューミーな内容ではありますが、少しずつ読み進めてもらえると嬉しいです。

■第1弾:
VDOTとは?自分の走力が分かるめっちゃ便利な指標です【ダニエルズ理論①】

■第2弾:
【マラソン練習】どれくらいのペースで走るべき?5種類のペースまとめ【ダニエルズ理論②】

■第3弾:
Eペース(イージーペース/Easy Pace)とは?【ダニエルズ理論③】

■第4弾:
Mペース(マラソンペース/Marathon Pace)とは?【ダニエルズ理論④】

■第5弾:
Tペース(閾値ペース/Threshold Pace)とは?【ダニエルズ理論⑤】

■第6弾:
Iペース(インターバルペース/Interval Pace)とは?【ダニエルズ理論⑥】

■第7弾:
Rペース(レペティションペース/Repetition Pace)とは?【ダニエルズ理論⑦】

■第8弾:
VDOT計算ツールの使い方【手順を解説】【ダニエルズ理論⑧】